BACK NEXT 

家畜豚 <提供・ブルー>


2


浣腸


交尾


食事 1


食事 2

家畜豚・2  <提供ブルー>

写真の1枚目雌豚へ浣腸したときのものです。アナルに浣腸が入っただけでおまんこから糸をひいているのがご覧になれますでしょうか。

2枚目は3Lの浣腸をしたままオマンコにはめてやったときのもので、苦痛と快感で歪む顔をお見せできないのが残念です。

3枚目、4枚目は雌豚とって最高の餌ある私の精液をペット皿に入れてやりました。おいしそうに舐めているところです。

よろしければ皆様からも御感想、リクエストなどお聞かせ下さい。  <ブルー>

 

感度のよい女豚ぶりですね。飼い主のブルーさんが羨ましいかぎりです。どうぞ今後とも楽しい調教生活を堪能してください。<室井>


1


挨拶・1


挨拶・2


挨拶・3


お情け拝受


しっぽ


後始末

家畜豚・1 <提供ブルー>

 はじめまして、HNを「ブルー」といいます。いつも楽しく拝見させて頂いております。私は犬ではなく豚のほうが好きなのですが、家畜と言う意味では同じかと思い、投稿致させて頂きます。画像のほうは是非女犬展示室に飾って頂きたいと思います。また彼女のほうははずかしがりながらも掲載を了承しておりますのでご安心下さい。

 30代の後半の調教中の雌豚で、名前はあえて「家畜豚」です。人間名は呼ばずに雌豚、家畜豚と呼び捨てにする事で羞恥を煽っています。
 写真は鼻フックをつけての土下座での挨拶と、「おまん○こ」にはめてもらうときの両足を開いたポーズ。アナルバイブのしっぽとそれを舐めて清めているところです。
 まだまだ未熟で、早く皆様のような立派な牝に調教したいと考えておりますので、御感想などお聞かせ願えればと思っております。 <ブルー>

 素敵な家畜ですね。私も女犬と同じくらい女豚鑑賞を好みます。ここの女犬展示室という名前は女家畜全般の総称でもありますので、家畜豚のご投稿は大歓迎です。
 画像では性格も体付きも従順な牝豚らしさがうかがえます。さらに四足歩行や餌喰い、ちんちん、お仕置き、排便・・・などの調教光景もいつか拝見したいものです。ありがとうございました。  <室井>


BACK NEXT